FC2ブログ

デスクトレー

みなさんおはようございます。

ジョンです。

最近はとても5月とは思えないような暑さが続いていましたね。

日中の気温が30度を超えたかと思うと、夜になったら冷たい風が吹いて着る服に困ります。

さて、今日は僕が使ってみて便利だと思ったものの紹介をしようと思います。

それは「デスクトレー」です。

デスクトレーといっても、書類を入れるような大きさのものではなく料理に使うパットの様な物です

pad.jpg
↑こんなやつ

これを使うと机の上がきれいになります。

僕は整理整頓が苦手で、家でも学校でも机の上に物が散らばっていて、とにかく見た目がだらしないんですよね。

机について、腕時計を外して、空いているスペースに置きます。

そこに置いたら最後、空いていると思っていたスペースに次から次へと他の物を置いてしまい、最初に置いた腕時計はどんどん追いやられてしまいます。

いざ出掛けるとなった時に、毎回のように腕時計を探す羽目になり手間がかかります。

腕時計のほかにイヤホンも直に机の上におくのですが、イヤホンの場合はコードが絡まる、引っかかることがあるので余計に大変です。

そこである日、僕は考えました。

日常的に身に着けたり外したりするものなら、それ専用の置き場所を作ってしまえば探す手間を無くせる!?.....と

でもそれ専用の空きスペースを作るだけだと、無意識のうちに関係のない物を置いてしまったり、そもそも明確な線引きが無いので周りの物と同化してしまって結局変わらないことになります。

なら専用のスペースをわかりやすく作ればいい!!ということでデスクトレーを使い始めました。

自宅の机と学校の机に着いたらまず腕時計、イヤホン、スマホ、財布をデスクトレーの上に置きます。

出掛ける時にはデスクトレーの上の物だけを持ち出せば良いので、スムーズに動き始められます。

何より一番良いところは見た目がいいところです。

机の上に直に物を置くよりもデスクトレーの上に置いた方がオシャレで仕事ができるように見えるのです(笑)

実際、ほんの少しの時間ですが物を探す時間が減ったので、生活の効率は良くなっているはずです。

たった一つ机の上にトレーを置くだけで見た目も気分も良くなるので、みなさんもぜひ試してみてください。
スポンサーサイト



視点の違い

みなさんおはようございます。

ジョンです。

今日、僕が資料を作っていたんですよね。

その中に図があり、パワーポイントの図形ツールを使って一から作っていたのですが想像以上に、わかりやすくきれいな図を作るのは難しいのです。

いろいろと試行錯誤をして何とか妥協点までたどり着いたのですが、他の人が作ったものと比べてみると簡素で味気ない気がしました。

何か良い改善策は無いものかと考えていたところ、知り合いが僕の資料を一目見て「完成度が高い!」と褒めてくれました。

その図を一から作って見慣れている僕では気がつくことのできなかった良さを、他の人はあっさりと見つけることができました。

ここで僕と知り合いの間で違うのは、それぞれの視点でした。

僕の視点では自分で作り上げたものを見ていて「見慣れた物」と思っているので、現状が最低ラインになっていました。

しかし、知り合いの視点では初めて見たものが完成形なので、新鮮なもので第一印象が良かったんだと思います。

「隣の芝生は青い」ということわざがありますが、今回の状況では僕も知り合いも両方ともが他人の作ったものの方が良いと思ったわけですね。


やっぱり自分一人だけでできることには限界があって、思っているよりもすぐに限界を迎えるように思えます。

自分自身の凝り固まった視点だけじゃなくて、他の人の、例えばその時に気分のいい人や冷静になっている人、人の悪いところを見つけるのが得意な人に意見を求めて新しい風を吹き込ませることが物事をいい方向に持っていくためには必要なのかと思います。

人と協力するのは自分にとって刺激になりますし、もちろん相手にとっても同じように刺激になっているはずです。

協力を通してその人と親しい関係になれば話し相手、遊び相手が増えて良いことだらけですね。

僕も色んな人と協力し合って生きていきたいです。

スタート!

みなさんはじめまして。

僕は「ジョン」といいます。

このブログは、僕の日々の生活の中で感じたことや役に立つ情報を、日記のような感覚でお伝えしていくつもりです。

僕自身は学生でありまだまだ社会知らずなところも多いのですが、このブログとともに成長していけたらなぁ、と思っています。

そして、将来の成長した自分がこのブログを見て、昔を懐かしむとともに過去の自分から学ぶことができたら嬉しいです。

さらに、このブログを見てくれる人に少しでもいい影響を与えたり、幸せについて考えてもらうことができたのなら最高です。

これからどんどん更新していくので、ぜひともご覧ください!